会計のコンテンツ記事を執筆するときに意識していること

会計事務所への集客アップや会計ソフトの利用者増加を狙う記事を書くときに、会計をテーマに執筆することがあります。ライターとして、会計のコンテンツ記事を執筆するときに気を付けていることは3つです。 1つ目は、執筆の時に専門用語を控えることです。会計に馴染みのない方からすると、専門用語が出ただけで拒絶してしまうケースもあります。会計の知識があったとしても、知らない人に分かりやすく伝えることを意識したほうがいいでしょう。 2つ目は会計に関する知識を見直すことです。会計のルールは定期的に改正されます。古いルールを伝えないように、書くときは最新の情報を確認しています。 3つ目は会計業務に携わることです。たとえば確定申告の場合、税理士の方に確認してもらうものの、仕訳の入力は私がやっています。その他にも税理士が開催する決算書の勉強会にも参加し、知識を腐らせないようにしています。会計に触れる機会をつくることで執筆が楽になるのです。 以上3つのことを意識すれば、会計のコンテンツ記事を作成しやすくなるでしょう。